陰毛大臣

人間オタク

三歩歩くと忘れる男(後編)

記事前編より、立川の手コキマッサージで金を次々取られた俺は反省して居たはずだった。

 

2016年の12月ごろだったろう、帰宅時に寝ていたら南越谷に居た。そして終電をここで無くした。

 

南越谷で終電を逃した時の毎回のムーブは

牛丼屋が見える駅近の銀行の入り口で横になって寝る、だ。

 

ただこの日は過酷だった。あまりの寒さに3時ごろ起きた俺はガタガタガタガタ震えながら起きて始発を待つしかなかったのだ。

 

 

 

そんな時現れるイラン人

 

 

 

「マッサージあるよ」

「終わったら寝てていいよ」

俺は金を取られたくない気持ちと寒さと戦い、遂に押しに負けてマッサージに懲りずに入ってしまった。

 

3千円で入った。

 

そして前回と同じ様にマッサージが終わった後抜きの時間が始まる。

俺はバイなのかよくわからないがよくちんこが立つ方なのだが、俺を招いてマッサージしたイラン人は40代くらいのおばさんだった。

「裏のカワイイ子呼んでおっぱい触らせてあげるから3千円...(ここで俺のちんこをみる)」

立っている

「(ワタシデモ行けるのでは?)」

そんな感じで俺の返事を待たずにババアは続投、俺は追加料金を払いつつ40代イラン人のおっぱいを揉みながら手コキで果て、サービスが終わった。

40代イラン人は俺のタイプには全くカスリもせずこれ以上の事をお願いしてみる気力も湧かなかった。

結果抜きあり3千円と言われて入って1万円近く取られた。

 

 

夜が明けゆくベッドの上でもう行かない、在日マッサージは絶対どこもサービスに金が釣り合ってない。2度目にしてそう確信した。

 

 

 

 

そう俺は反省をして居たはずだった。

 2017年12月の事だ

俺は麻雀の勝ち分の借金が帰ってきて一気に5万円の収入が入った。

「この金はみんなの為に使おう」

そんな事をみんなにドヤ顔で話して居た。

 

 

その5万円を得た日、外出先を出るのが遅くなってしまって赤羽で帰りの電車が終わる事になっていた。

 

男は解ると思うが夜は性欲が高まる。

 

1万円くらいいっか。1万円くらい風俗で使っていいか?

 

そんな気持ちで赤羽の本サロをネットで調べつつ赤羽駅の改札を出た。

 

出た時に柱の所に立ってた韓国人女性と一瞬で目が合った。

「マッサージ、マッサージマッサジ、気持ちいい事するよ」

一気に捲し立てられるように話しかけられた。

そしてこれがよくない事に韓国人女性は30代くらいだが綺麗で結構タイプだったのだ。

 

「誰が出るかわからない本サロに行くよりこの女にワンチャンをかけてもいいんじゃないか」

 

今まで俺がどれだけ予算より取られたかを忘れていた”ちんこ”の俺はサクサク応えてマッサージ屋に入ってしまった。

 

 

抜きあり5千円の約束で入った。

マッサージが終わり、抜きの時間になった。

 

「今と朝2回抜いてあげるから5千円」

いつものだ。俺はやっぱり約束を破るのか、とがっかりしながら5千円を払った。

その後下着一枚になってくれた韓国人は

「おっぱい揉んであげる、キスしてあげる」と言い、俺は5千円を払い、

 

おっぱいを揉んだがキスをする前に

「フェラもしてあげる、おっぱい舐めていいよ」と言われた。

俺は今までの手コキマッサージ屋でしたエッチな事はおっぱいを揉むまでしかなかった俺はこれにワンチャンを見出していた。

少し渋るそぶりを見せながらも5千円を払った。

 

しかし払い終えた瞬間

 

「もう1人可愛い子呼ぶよ1万円」

と今度はいつもの1人呼ぶ流れを出してきた。

 

但しここまでで既に1万5千円を払っていた俺はこの韓国人がタイプだったこともあり「要らない」と思い、お金を一気に出し渋った。

 

 

しかし韓国人は俺が金を出すまで全く続きをしようとはしなかった。

 

値切った俺は5000円を払う事になったが、その時財布に5000円札がなかった。

1万円を払い、お釣りを探している間に2人目の韓国人が来た。

 

韓国人2人は何故かお釣りを渡す事をうやむやにしながらちんこを扱き始めた。

 

そして

フェラチオしてあげるから5千円」

とさっき払ったのを忘れたかのように次の金をねだり始めた。

 

俺は臨時収入の5万円の内の2万5千円を失っていた。これ以上は一円も払いたくない。

「5千円!(ちんこを扱きながら)」

「嫌だ!」

「5千円!(ちんこを扱きながら)」

「嫌だ!ちんこ扱くのやめて。」

「5千円!(ちんこを扱きながら)」

「嫌だ!イクから」

「5千円!(ちんこを扱きながら)」

「嫌だ!(こんな射精は嫌だ!)いくっ!」

 

世界一嫌な気持ちで果てた。

韓国人が精子を拭きながら

「キミの子孫カワイソw」

と言ったのをよく覚えている。

 

その後韓国人2人は

「私達これから居酒屋行くけど君も来る?」

と言った

「君の分は出さないけど」

と。

俺から2万5千円を取ったコリアンは俺を置いて居酒屋へ行った。

 

 

 

今すぐこの場から逃げ出したかった。

 

 

 

次の朝、起きるとちんこのところに韓国人が居た。

「5千円。」

「嫌だ」

「じゃあ辞めるよ。」

 

と朝韓国人は抜くのすら辞めた。

 

 

結局韓国人はおっぱいしか揉ませてくれなかったのだ。

 

 

 

 

俺はもう在日マッサージはこりごりだ、と朝の赤羽を駆け抜けた。

 

 

 

おわり

俺の嫌いな事

スピカは昔愛した女の好きな星だった。今スピカを目線の先に向ける彼女に写る景色は滲んで何も見えていないのかもしれない、と考えていた正木は女の背中から近付けずにいた。
「正木くん、言葉って重すぎて人が扱いきれる物ではないのね。」
埠頭に立って空を眺めるワンピースは背後にいるのを正木であると知っていたかのようにそのまま語り出す。
「貴方は私が賢い女だと思っているかも知れないけどそれは水に浮かべたら溶ける紙のよう、確かな実体を持たない物よ。女はいつも考えてるのに上辺の言葉だけの心が空っぽの人間を好きになってしまう。言葉を噛み砕く暇もなく好きになって苦しんでしまう。この時代メールじゃなくて文通だったら良かったのに。」
正木は今彼女と交際している者の不誠実さを時々耳にしていた為、彼女の状況を容易に把握出来た、そして彼女に怒り立ち込めていた。
「泣いているの?」
「全然、涙なんて枯れちゃった。私にはしっかりスピカが観測できている。」
目の前の小さな背中を赴くまま抱き締めていいのか考えた正木はこの気持ちが恋なのか愛なのか逡巡していた。
「正木君、君ははそうやって立ち止まって悩む事が出来るから私は貴方といると安心できるわ。」
「君はなんでそこまで見透かした様に僕の気持ちがわかるのにこんなに失敗するんだ、なんで半年前僕の事を置き去りにしてあんなのと付き合ったんだ!」
気付くと落ち着き乱した正木は早口でまくしたてる様にして彼女を責めた。
「それは正木君が言葉にしないから!わかりやすい態度を取らないから!私は正木君から言葉を貰えなかったからずっと孤独だった。」
「僕が露骨に褒めたり気遣ったり愛を囁かないからって賢い君ならあいつより僕の方が君の事を愛していた事なんて分かっているはずだろう。」
「わかんないよ!言葉にしてよ!伝えなきゃ伝わった事にはならないんだよ!」
「じゃあ伝えるよ、僕は君の事が好きだ!こんな陳腐な言葉しか出ないけど僕は半年前から一歩も進まずに君の後ろに立っている、振り向いてよ!」
2人は嗚咽するほど泣き噦っていた。
強い波の音が収まった頃に彼女は落ち着き直して正木の方を向き、腕を拡げて言った。
「やっと伝わったよ。私とあなたでビックバンが起こった。これからは2人で1人のコペルニクスになったの。」
正木は彼女からの返答にやっと体が少し軽くなって笑顔で呟いた。
「僕は女みたいな君の事が大嫌いで、大好きだ。」
「うるさい。私も正木くんが大嫌い。」

「君は落ち着き乱すと急に言葉遣いが子供みたいになるんだね。」

「うるさい。」
新しい世界を作った正木と由紀は孤独の観測者になって燦爛と輝くスピカを見上げた。

女子的生活2話を観て

LGBT、それぞれレズ、ゲイ、バイ、トランスジェンダーの頭文字を取ったこの単語がおそらく近年流行るだろうと踏んでいる。

 

 

今や日本は性的少数者は13人に1人と調べると出てくる。

そして性的少数者の割合は勢いを増してる今、急に減るという事はまず無いだろう。何故なら性的少数者がこの世に出てくるようになったのは、ほんの最近の話だからだ。

ともちゃん役で出演していた西原さつきさんは若く見えるが”男の娘”という単語が出たりトランスジェンダーという単語が流行る前から性別を変える努力をしており、今その道の第一線を走っている方だ。つまりほんと最近。

 

 

同性結婚の許可が降りたりする国がニュースになっているのを観たことは無いだろうか。

日本以外の国では国単位で性的少数者が認められるようになっているところもある。

 

 

トランスジェンダーは少し前まで例えばプロパガンダというイベントを開いて身近には少ない性的少数者との交流を取ったりしていた。

アンダーグランドだった世界が段々と明るみに出て、テレビで取り上げられたりドラマ化したり受け入れられる人が増えてきたのだろう。

 

 

性的少数者がドラマやドキュメンタリーやバラエティで取り上げられるのは数あったがそれでも定着する事は無かった。(個人的には2008年に放映されていたドラマ、ラストフレンズが印象的)しかし昨今の勢いを見るとメディアで取り上げられる回数はもっと増えそうな気がする。

 

 

 

 

さて個人語りしまーす

 

男なら「女装してみたい、女になってみたい」そんな思いを抱いた事が無いだろうか。

多分13人に1人どころでは無く心当たりのある人が居ると思う。

 

恥かしながら自分もある。

自分は多分ノーマルだが、(男とエッチしたりニューハーフ風俗に行ったりした事ならある)きっかけを貰って女装に取り組んでみた事がある。

地毛も伸ばしていた。女装しない俺は広瀬すずみたいな髪型で大学に通うクソブス陰キャだった。

 

 

 今放映されてるNHKドラマ、女子的生活2話に出てきたミニー、これをみきどころかともちゃんレベルの女の子らしさにするには才能や努力を積まなければならない。

例え性別が女でも毎日ノーメイクでバサバサの髪で猫背ガニ股、毎日変わらない服を着て夕飯には吉牛の特盛を食べてたら全く可愛く無いだろう。

視覚効果だとかいう単語がドラマで出てきていたが、髪型やメイクどころか女の子らしい仕草を積み重ねて積み重ねてやっと”可愛い”が生まれる。

 

もう一度言うがともちゃんのレベルになるのは才能もさる事ながら努力が必要だ。女は1日にしてならず。

 

 

初見男に見えるみきをドラマでずっと見てると女に見えてくる。共感する人いないかな。

 

そんな感じで俺が化粧道具を買ってメイクしていた時でさえ、たまに男に見えない時があった。

 

ただそんな時ほど自分が何者かわからなくなった。

 

男という性別を見失った俺は戸籍上は女でも無く何者でも無いのだ。

 

上手く化粧できた時程気持ち悪くてかつらを投げた。

 

 

 

結局俺は髪を切って女装を辞めた。

 

性的少数者の中には後天的な人もたくさん居るだろう。俺の女装もその類、しかしそんな事は関係なく「やるなら本気でやらないと本当に居場所は生まれない」と思い、その為の性別を捨てる覚悟が無くて辞めた。

これは自分の場合で、ツイッターとかでノーマルだけど遊びで女装して繋がる人とかを全く否定とかはしてません。よく見てます

 

 

性的少数者の人は13人に1人もいるのに狭い常識の日本で珍しい物として見られながら、性というモヤモヤした概念と向き合いながら、肩すぼませながら暮らしている。ミキのように女装して会社に勤めて居るのに、カミングアウト出来てないない人も居るだろう。他にも俺なんかではまだまだ知らない苦しみをその人たちは知っているだろう。

 

 

 

苦しみを知れなんて事は言わないが

そんな人達がいる事を知り、LGBTがいる事が”ノーマル”である日本で垣根を超えて皆で笑ってられる世の中になる事を俺は願っている。

 

 

 

 

 

 

おしまい

月のうんちく

「元日に満月になって風情があるね。」

 

「月の模様って何をしてるように見えるかい。」

 

「なんだろう、うさぎが餅ついてる?かな、蟹って言う人もいるけど。」

 

「僕にはね、うさぎと亀がボール遊びをしているように見える。 ボールの中には沢山の幸せが詰まっていてみんなが寝ているうちに明日の幸せを世界中に落としているんだ。」

 

「ねぇ日本じゃない国で見た月って違う模様に見えるの?」

 

「いいや、それが同じに見えるんだ。どこからみても世界のみんなの頭上にはおんなじ月がある。」

 

「素敵だね。なんだか思い出したけど私、小学生の時に先生に  なんで月は追いかけてくるように見えるの?  って聞いた事があったの。そしたら先生に  何それ  って言われちゃった。大人になった今、何それって私も思った。子供にしかわからない感覚があるんだね。」

 

「”大人”ってなるものだと昔は思っていたけれど自然となっているものだったね。でも僕なら絶対に子供の頃の感覚を忘れない自信がある。君の事をいつでも子供にしてあげられる。」

 

「やっぱり智弘君って不思議で面白いね。でも子供の時の何かを知った時の感動、上下に大きく揺れる感情。思えば1番充実してた時、智弘君と居たらまた経験できそうな気がしてきた。」

 

「ねえ陽菜、月が幸せを落としてきてくれたみたいだ。僕の手を見て。」

 

「え?これ、指輪?」

 

「うん、2018年君ともっと一緒に居たい。 俺と、 俺と結婚しよう。」

 

 

「....くさいからよかったらまたプロポーズ出直してきて。」

 

「月って何で同じ模様にいつも見えるかと言うとまず月の自転と公転の周期が同じでそれで」

 

「月の話題から離れてくれ」

 

 

 

 

おわり

三歩歩くと忘れる男(前編)

夜中の駅前に在日の女性が

「マッサージどう?」

と話しかけてくる事があると思う。

 

あいつらに着いて行った事について語る。

 

 

 

 

まずマッサージを勧めてくる女性はやけにしつこい。一回行かないと断ってもずっと隣を着いて来て

「私マッサージうまい」

「5000円でマッサージとサービス、気持ちいい事するヨ」

しつこく語りかけてくる。

 

 

でもこの人達在日なだけあって法律の見ていないところですーげえエロい事してくれたりするのでは。と思う方もいるのではないだろうか。

 

 

 

結論から言わせてもらうとそれはない。

 

 

 

 

 

2016年の夏に友達の山本君と終電を逃した立川で初めての在日マッサージ屋に入ってみた。

 

この店は5000円のコースと7000円のコースと10000円のコースがあった

 

説明を受けて山本君は5000円のコースを、めちゃエロい事を期待していた俺は10000円のコースを選んだ。

 

 

 

金を個室カーテンの中で女性に払うなり全裸になり、マッサージはスタートした。

うつ伏せの状態でまず普通のマッサージを受けた。

 

マッサージは上手とは言えないがとても丁寧にやってもらった。うつ伏せの俺の背中に立って踏まれるという人間版絵踏みのような謎のマッサージも受けた。

 

 

本音を言わせてもらうとマッサージはそんなにうまくなかった。

 

 

ただこの時の俺はそんな事はお構いなかった。

「この後エロいことがあるんだ」

その気持ち一心でうつ伏せで潰されてた俺のち◯こはイキっていた。

「グギギギギ....コポォ」

そんなうなり声がち◯こからも聞こえていた。

 

 

そしてやっと仰向けに。

仰向けになる時、もう既に立っていて恥ずかしかった。

体をまた少しマッサージを受けた後、”本題”は始まった。

 

 

「2回夜と朝合わせて射精できるからもう2000円チョウダイ」

 

 

最初は抜きありの価格で俺はここに来たわけなんだが、突然もう2千円請求された。

 

2千円払わないと射精出来なさそうなアウェーな雰囲気が一瞬で出来た。

俺は2千円を財布から取り出して払った。

 

 

その後在日はローションをたっぷりつけて手コキを始めた。

始めて少しするとこんな事を言った。

 

「君乳首は好き?」

「はい」

 

正直乳首は性感帯でないが何かエロいことが起きないかとアンテナを張っていた俺はこの質問に「はい」と反応

 

 

 

「もう1人連れてきて乳首弄ってくれるから2000円」

「もう1人の子かわいいヨ」

 

 

またも金を請求された。

 

しかしこれを払うと山本君よりさらにエッチな夜が送れるんだと思うと、二千円を差し出した。

 

その後あまりタイプではない人が来て

(多分かわいいヨって紹介されて来た子大体可愛くない、何処の店でもあるあるなんじゃないだろうか)

俺の乳首をちょこちょこ弄っていた。

 

仰向けで2人の在日にされるがまま手コキされる俺、その後何も秘め事が起こる事なく俺は果てた。

 

”それ以上何もエロいことがなかった。”

 

 

そして射精後こんな事を言われた。

 

 

「ワタシ達今日何も食べてないの、帰る電車賃もない、3千円ずつチョウダイ。」

 

 

乞食猛々しいな!!!

 

 

と今では思うが俺は「可哀想だな。外国でいうチップ的な物だと思おう。」

払った。

 

 

結論:最初予定していた料金の2倍払わされた俺は凄くエロい事をされる事なく手コキされて寝た。

 

 

 

次の朝気付くとローションをつけて手コキされていたが眠くて寝ながら射精した。

 

 

 

朝店から出たあと、カーテンの向こうでサービスを受けていた山本君と話した。

 

 

山本君は5千円払ってそれからは全部追加料金は断ったけど全然手コキしてくれたってさ。

 

 

 

 

 

 

 

あじゃぱ

フォトカツ 強いユニット編成

単刀直入に言わせてもらうが私はアイカツおじさんだ。

 

アイカツおじさんとはアイカツが好きな大人の事

 

アイカツと言われたら女児

 

つまり大人の女児という事だ

 

ちょっと意味がわからないので話を本題に入れる。

アイカツ!フォトonステージという携帯アプリがある、音ゲーだ。それの点数を取れる編成を今から組む。興味ない者は去れ。強い人も全く見る価値ないよ

 

 

貴方のユニットにPRカードはどれだけあるだろうか、8枚全てPRで揃えるとクリスマスパーティー🎄が出来て4回目のスペシャルアピールに20万点以上入るのでPRカードで揃えよう。毎日ログイン、メドレーイベントを7万点まで走る事が出来れば1ヶ月に2枚以上はPRカードが手に入るだろう。

 

 

さて次に1番大事な前3人のカードの説明をする。

前3人順番でスペシャルアピールを行うが2人目、3人目で組み方によっては特別なアピールが出る。

ソレイユで並べれば3人目でトライアングルサニーライト

トライスターで並べればトライアングルシャイニーライト

ルミナスで並べればルミナスフライト

など

 

特別なアピールはトリオフライト(関係ない3人を組み合わせたアピール)より点数が高い。

なので3人目に特別なアピールを出したい所だが

トリオのキャラと彼女らのタイプを見てみると

 

ソレイユ→いちご(キュート) あおい(クール) らん(セクシィ)

トライスター→ 美月(セクシィ)かえで(ポップ)ゆりか(クール)

 

3人のタイプはどのユニットもバラバラなのだ。

 

 

 

しかしフォトカツにはもう1つ特別に高得点の出せるアピールがある。ドレスアピールだ。

主にあかり世代のドレスに多いがPRフォトの名前の上に金の四角いマークがあるフォトがある。

そのフォトを並べるとドレスアピールが出せる

ドレスアピールの名前例

ロマンスヒロイン

スリーピングローズ

 

 

このドレスアピールはあかりを2人3人と並べ立てるだけで出せる為、フォトのタイプが合いやすい。

 

 

 

ドレスアピールを使うとしてもう1つ重要なのがやはりパーティータイプを一貫させる事だ。

 

 

 

まず自分の組める1番強そうなパーティーを組んだ

f:id:kiritanp-3962516139:20171228012219p:image

美月さん以外をキュート固めした。

美月さんがいるのはスリーピングローズが3人のエフェクトになるので強いと思ったからだ。

そして下が結果(何回試行してもこんなもん)

f:id:kiritanp-3962516139:20171228010613p:image

 

次に唯一セクシータイプの美月さんを大空に変えたパーティーf:id:kiritanp-3962516139:20171228152404p:image

 

これはドレスアピールがあかり×あかりとあかり×いちご でかかる。

 

そして結果(何回試行してもこんなもん)

f:id:kiritanp-3962516139:20171228011007p:image

 

 

こんなものなの!

 

 

実際点数はほぼ変わり無いかもしれない、されどこの点数差が生まれる。

曲のポイントランキングではこの少ない点数差で順位が大きく動く。

 

 

 

 

 

 

まとめると

・2回目3回目とドレスアピールを出来る3人で並べる

・タイプを揃える

・PRを揃えて4回目のスペシャルアピールを出す

 

 

 

ただタイプの違うPR(例セクシーかえで、美月、セクシーユリカ)を集めてユニットアピールを出した場合はどっちが稼げるかわからないので教えて下さい。

自分は持っていないので実践出来ません。

 

 

 

 

 

オワオワリ

 

だらだら書いた(続き)

「1日30キロ程でも歩けば30日経てば関東の地元に着く」

 

そんな事を考えて、広島駅から東へ向かって歩き出した。国道二号線沿いを「乗せて下さい」と書いた紙を掲げながら歩く。

 

1時間以上は歩いて体に疲労が溜まってきた。

青い道の先を指す標識に

「東広島26km     岡山108km」

と書いてあった。

1日30キロも歩くのは無理があると悟った。

 

「世の中に本当に悪い人はいない」と自分に言い聞かせた。

結局1日目、誰にも泊めてもらえず誰にも乗せてもらえずバス停のベンチに横になって寝た。

 

 

サークルのみんなと球技をしている夢を見ていたら、朝の日差しを感じて起床した。

夢の中ではすっかり自分が”金なし携帯なしin広島”の情報を忘れているので起きた瞬間の絶望感は忘れられない。

 

 

「夢の中の方が幸せ」

 

これに気づいた俺は

今朝も二号線沿いで「乗せて下さい」のプレートを掲げていたが誰も止まらないので

寝床を探した。

 

幸い今いるところの近くに広島駅の隣の駅があった。

駅前へ着いた時に図書館を発見した。

 

「よしここでまた寝れる」

 

そう思い俺は会館の時間を待ち

会館すると同時に席を取り桜井章一の麻雀本を持ってきて読まずに寝た。

 

川を下ったら一瞬で広島から関東へと渡る事が出来た夢を見た。

いい夢を見た。

 

 

ヒッチハイクも案外軌道に乗れば一瞬で終わるんじゃないかと気分が少しハイになった俺は(俺は情緒不安定だ)図書館を出て再びプレートを掲げる事にした。

 

まるで仔犬のような目と笑顔を駆使して通りすがる1つ1つの車を見ながら続けていると1つトラックが止まった。

ガテン系のオジさんで最初話した時は少し怖かったのを覚えている。

「どこまで行くんだ?」

 

結局やっとの思いで広島に着いて初めてのヒッチハイクを成功させた。

 

「お前携帯も財布も持たないでヒッチハイクするのはアホがやる事だ。地図も見れないだろう」

「普通は乗せてもらった人に後でお礼出来るように電話番号とかメールアドレスを聞いておくもんだ」

「お前はヒッチハイクを始めたきっかけや自分の物語が何もない」

「清潔感が大事だから制汗剤くらい買え」

「何しにきた」

「お前はアンポンタンだ」

様々な事を教えてもらいつつ怒られた。

 

「高速道路に乗れ」

 

本当は下道をゆっくり登っていく予定だったが1つ乗せてもらうまでの挫折もあり、高速道路で駆け抜けていく事にした。

オジさんには高速道路の近くで降ろしてもらった。

 

オジさんに感謝をしながら別れてパーキングエリアへと歩き始めた。

 

遠いな...

 

降ろして貰った所からパーキングエリアまでは1キロ位はあってまあまあ遠かった