陰毛大臣

人間オタク

だらだら書いた(続き)

「1日30キロ程でも歩けば30日経てば関東の地元に着く」

 

そんな事を考えて、広島駅から東へ向かって歩き出した。国道二号線沿いを「乗せて下さい」と書いた紙を掲げながら歩く。

 

1時間以上は歩いて体に疲労が溜まってきた。

青い道の先を指す標識に

「東広島26km     岡山108km」

と書いてあった。

1日30キロも歩くのは無理があると悟った。

 

「世の中に本当に悪い人はいない」と自分に言い聞かせた。

結局1日目、誰にも泊めてもらえず誰にも乗せてもらえずバス停のベンチに横になって寝た。

 

 

サークルのみんなと球技をしている夢を見ていたら、朝の日差しを感じて起床した。

夢の中ではすっかり自分が”金なし携帯なしin広島”の情報を忘れているので起きた瞬間の絶望感は忘れられない。

 

 

「夢の中の方が幸せ」

 

これに気づいた俺は

今朝も二号線沿いで「乗せて下さい」のプレートを掲げていたが誰も止まらないので

寝床を探した。

 

幸い今いるところの近くに広島駅の隣か2個隣かの駅があった。

駅前へ着いた時に図書館を発見した。

 

「よしここでまた寝れる」

 

そう思い俺は会館の時間を待ち

会館すると同時に席を取り桜井章一の麻雀本を持ってきて読まずに寝た。

 

川を下ったら一瞬で広島から関東へと渡る事が出来た夢を見た。

いい夢を見た。

 

 

ヒッチハイクも案外軌道に乗れば一瞬で終わるんじゃないかと気分が少しハイになった俺は(俺は情緒不安定だ)図書館を出て再びプレートを掲げる事にした。

 

まるで仔犬のような目と笑顔で通りすがる1つ1つの車を見ながら続けていると1つトラックが止まった。

ガテン系のオジさんで最初話した時は少し怖かったのを覚えている。

「どこまで行くんだ?」

 

結局やっとの思いで広島に着いて初めてのヒッチハイクを成功させた。

 

「お前携帯も財布も持たないでヒッチハイクするのはアホがやる事だ。地図も見れないだろう」

「普通は乗せてもらった人に後でお礼出来るように電話番号とかメールアドレスを聞いておくもんだ」

「お前はヒッチハイクを始めたきっかけや自分の物語が何もない」

「清潔感が大事だから制汗剤くらい買え」

「何しにきた」

「お前はアンポンタンだ」

様々な事を教えてもらいつつ怒られた。

 

「高速道路に乗れ」

 

本当は下道をゆっくり登っていく予定だったが1つ乗せてもらうまでの挫折もあり、高速道路で駆け抜けていく事にした。

オジさんには高速道路の近くで降ろしてもらった。

 

オジさんに感謝をしながら別れてパーキングエリアへと歩き始めた。

 

遠いな...

 

降ろして貰った所からパーキングエリアまでは1キロ位はあってまあまあ遠かった

 

カリエンテ

中学2年生の前期、学級委員と同じくらい荷が重い 林間学校実行委員 という役職をやっていた。

 

来たる林間学校に向けて自主的に準備して学年の皆に提供する係だ。

 

 

実行委員の仕事はしっかり成功を収め、中学2年生の後期の委員会決めがホームルームで行われた。

覚えているだろうか、委員会をやっている人は点数が入って受験に影響したりする事を。

 

そんな事も見据えながら俺は1年の頃は生活委員会,放送委員会と従事していた。

 

後期の委員会決めでは生活委員会に立候補した。

昔やった事もあるし、前期林間学校実行委員をしていて信用も得ているだろうし無難だろうなと思っていた。

 

もう1人生活委員会に立候補した奴がいた。

 

野球部の川島。 野球は上手くない、友達も多くない、真面目そうな人間だった。

 

ただ俺は上記の理由で得たプロップスから絶対に投票になっても選ばれる自信があった

 

「生活委員になったら魚でも教室に飼いたいですねぇ。」

適当に語って教室の笑顔をつくりつつ川島の演説の番になった。

 

「ぼ、僕はこういう委員会とかを今まで一度もやった事が無いんですけど、自分を大きく変えようと思い切って立候補しました...!」

 

何やコイツゥ......

 

その後川島は俺の演説とは真逆に誠実に誠実を重ね直向きにパンチラインを積み重ねた。

結果熱い演説をかました川島は大差で俺に投票で勝ち生活委員になった。

 

 

誠実さに勝る信用は無いんだなぁ。

 

この日完全にロケット団となった俺はそれを機に二度と中高、委員会活動に従事することは無くなった。

授乳手コキは危険

「誰だよ」

 

 

ヒリついた空気の中で俺は言葉を放った。

 

 

「誰だよ合コンにあやまんJAPAN研修生呼んだの」

 

 

 

 

「僕が呼びました。」

丸メガネの細身の男が名乗りでた。

 

「今回の合コン明らかにメンツが弱いし少しでも場を盛り上げようと気を遣ってあやまんJAPANユースを呼びました」

 

余計なお世話だ。

 

あやまん研修生は既にブラジャー意外全ての服を脱いで正座している。彼女のお腹は相当に膨れているので妊婦なのだろう。

 

「ねぇねぇおっぱいも見せてよ。」

あやまん研修生へ話しかける隣の男

「むちゃくちゃ恥ずかしいからやだ。」

 

「それより早く乾杯しよ?かんぱ〜い!」

 

あやまん研修生のゆるい掛け声に合わせてコールして飲み会は始まった。

 

 

 

 

 

 「山手線ゲームしない?」

たわいない世間話にしびれを切らしたあやまんJAPAN研修生がそう切り出した。

 

「いいね」

「じゃあ言えなかった人がテキーラショットで一杯ね!」

「ええキツくない?」

「それくらいが丁度いいの!じゃあいくよ、山手線ゲ〜ム!misonoの歌う曲名」

パンパン

「......」

 

「あやまんユースの負けだね、」

「くぅ〜!負けました!それじゃ一杯いきまーす」

 

あやまんJAPAN研修生は自爆して勝手にショットを飲んだ。

 

 

「あー!自分が妊婦なの忘れてお酒飲んじゃった!!」

 

 

 

 

同時に丸メガネが唸りだした

 

「むちゃくちゃお腹が痛いよ~」

 

「大丈夫?何か悪い物食べた?」

「悪い物食べたかな。強いて言えばあやまんユースさんに出会った時に授乳しましたけども。出会って即授乳手コキしてもらいました、」

 

「ダメだよ授乳は、母乳には大人の人が消化しづらい乳脂っていう成分が含まれてるからお腹壊しやすいよ。」

ほしのあきに似た女。

 

「あー!!私もお腹が痛い!むちゃくちゃお腹が痛い!」

 

あやまん研修生がまたも叫び出した。

 

 

 

「痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!

痛い!痛い!痛い痛い!痛い!痛い!痛い!................生まれるッ!!」

 

 

 

「.....ンゴォ...オンギァァァァァァァァ!!!!」

 

 

 

 

 

 

生命の誕生だ

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

だらだら書いた

イザナミを知っているだろうか

神じゃなくて忍者漫画NARUTOの方だ

 

イザナミは永遠に同じ事をループし続ける幻術である。

 

 

さて俺は夏休みに広島から自分の家まで携帯と財布を持たずに帰ってくる旅に1人で出ていた。

ヒッチハイクである。

 

なぜヒッチハイクをしたのかと言われてもあまり理由は具体的に無いのだが

合宿行って人と遊んで、というだけの長期休暇の過ごし方を一旦やめて目に見えない何かを得たかった。

 

ヒッチハイクの経験は 

夜勤バイト先に間違って来た時に近くの友達の家に泊めてもらうために

家の方向へヒッチハイク出来るかな、と手を挙げながら歩いていたら車が一つ止まって窓が開いたら黒人が4人乗ってた(乗せてもらったし優しい)という1回のみ

 

俺は1人だと内気な方だ。

 

広島から本当に帰って来れるのかをかなり心配していた

 

 

 

 

そんなこんなで電車で広島へ着いた。

 

着いた時には夜だったのでまずは今日泊めてくれる人に声を掛けなきゃな、と思い話しかける人を選んでいた。

 

 

広島駅は少しだけ栄えていたが(それでも浦和程度)時間が少し経つにつれてみるみる人が減っていった。

人を選んでいるうちに段々内気にもなっていく。

 

「すみません」

やがて1人の中年に話しかけた

 

「キャッチとかいいんで」

 

そういわれた

 

「キャッチじゃないんですけど、ちょっと話だけでも聞いてくれませんか」

「いや、知ってるんで。」

 

そういって中年は去った。

一瞬でやる気が失せてしまった。

 

 

 

実は自分は今までこういうのは一回で成功するタイプだったのだ。

 

初めてナンパをした?時も1時間弱位は話せたし(成功はしてない)

黒人に乗せて貰ったのも初めてヒッチハイクしようと思った日だし

初めてのカラオケ屋のキャッチも1人目で呼び込みに成功した。

新歓のサークル室への呼び込みは話しかけた人100発100中で呼び込めた。

 

恥ずかしながらいわゆるマンコ的思想が全然あった。

アラフォー独身キモくて金の無いおっさんはむりだが

自分ならいけるんじゃないかと

 

 

自分の正直さを伝えれば人は助けてくれる(自分が逆の立場でも助ける)と思っていたので断られ方に少しだけショックを受けた。

 

 

田中美海

家を飛び出して駅へと駆けるなり彼女はそこに居た。

 

あたりまえに見た不可思議な時。

 

気分は急に上昇してその事に少し後悔した。

 

「みにゃみ。」

 

「まーくん。」

 

彼女はスマホの画面を僕に向けた。

 

 

まーくん

1998年4月30日生まれ

フォロー24    フォロワー 37

【固定ツイート】

みにゃみに精液飲んで貰えたら死んでもいい

 

 

「まーくんの事、いつも見てたよ。いつも気持ち悪いくらいの言葉ありがとう。」

 

 

「今日は仕事の休み貰ってまーくんの精子を貰いに来ちゃった。」

 

画面の中で何度も見慣れた顔と喋る時の仕草。

 

 

「こッ、こッ、ッ、こンにちは」

 

だっせえ。

全く夢じゃないのはわかっていて、頭はわかっているのに体だけは正直だ。

僕は誰か、吃った音が僕なのだ。

 

「はやくきて」

 

まるで僕を理解していたかのように

雑音には耳もくれず僕の手を引くみにゃみ。

 

天使が天国へ迎えにきたんだ

 

 

 

 

手を引かれるまま入ったエレベーターは上昇を始めた。

「やっと2人きりになれたね。」

 

みにゃみは僕の前に屈み、ベルトを外して服を下ろした。

僕の秘部は既に艶めかしくてみにゃみはそれを喜んだ。それから口淫をして愛撫した。

 

 

僕が辛い時いつも心の支えにしていたみにゃみ

写真や動画を見てはもう少し生きようと活力を貰っていたみにゃみ

 

そんなみにゃみの尽くす姿に耐え切れなかった。

僕とエレベーターは直ぐに登った。

 

 

 

 

「ここは42階、屋上だよ。それじゃ君の言葉通りにしたから死んでね。」

42階の風が吹く場所で彼女は笑った

 

みにゃみに精液を飲んで貰った

確かに僕がつぶやいた言葉通りになった

そして今彼女は僕の死を求めて笑っている

 

誰だこの目の前の閻魔は

 

「ミミミミミミみみ、みみにゃみ、ああッあ、あ、ありがとう。」

 

言いたい事は沢山ある

けれど唸った音は僕だ。僕はこれだけ。

 

 

閻魔が地獄へ迎えにきたんだ。

 

 

田中美海に眺められ

よろよろとビルの淵に立った僕は情なくてダッサーく地面を蹴り上げた。

 

 

 

 

 

おわり

友達作りのコツ1

例えばお前が友達や珍しい子に

「俺と仁美とトメでバッセン行くけどこない?」

とラインで誘われたとする。

 

 

バッセンとかセンス悪。

ウェイじゃん

トメって一体何歳だよ

 

 

今回はパスしよう。

 

 

そう選択した時お前はどう断るか。

 

「行けない。」

「ごめん用事があるんだ。」

そんな所だろう。

 

全然ダメだな。

 

何するにしても断るって事は相手に残念な気持ちを抱かせてしまう。2回くらい連続で断られるだけで相手は二度と誘わなくなる事だってあるだろう。

相手が”また誘おうかな”、そう思わせる為にこの一言を加えてあげよう。

 

「すまんちゅぬ宝」

 

軽いユーモアを加える事で明るい雰囲気が出て残念な空気と中和してくれるはずだ。

ラインでのユーモアを持ったもじりは比較的誰相手でも出来るだろう。

例えば俺は妖怪ウォッチが流行り始めた頃から了解ウォッチを使っていた(使用者が増えて辞めた)

 

ひまんちゅぬ宝

ヒマラチオ

おなほど

無理フィンドール

 

 

何にしろシコシコと自分で考えて小ネタを不意に相手に投げつけて好感を持たせよう。